ひまわりの花言葉の詳しい説明と由来

ひまわり花言葉は?

ひまわりは珍しい花ではありませんが、多くの人々に愛される花の一つです。昔からさまざまな歌、詩、作品で表現されており、現代でも造花、バレンタイン、結婚式の花などとして、さまざまな場所に飾りとして使用されているからです。

どこでもよく育ち簡単に見つけることのできるひまわりは、英語でSun Flowerと呼ばれ、その名は太陽によって自らの位置を変える姿に由来して名付けられました。

ひまわりについてもう少し深く掘り下げてみると、ひまわりはHelianthus属に属しますが、それは太陽を意味する「Helios」と花を意味する「Athos」を合わせて付けられた名前です。今回はひまわりの花言葉、意味と由来についての詳しく説明してみたいと思います。

%e9%a2%a8%e6%b0%b4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2

西洋でのひまわり花言葉

ひまわりの花言葉は、一般的に地域との文化によって多様に分かれています。

西洋では古くから太陽の動きに合わせてひまわりの花の向きが変わるのを見て愛慕、憧れ(Adoration)と意味してきましたが、アメリカ大陸の先住民には富の象徴として、「偽りの富(False Riches)」と呼ばれてきました。

先住民に偽りの富と呼ばれるようになった起源についてはいくつかの説がありますが、その中で最も有名なのは、過去にアメリカ大陸で発展したインカ文明に関する話です。

古代インカ文明は太陽神を信仰されており、インカの王は「太陽の子」と呼ばれました。(出典:ウィキペディア)太陽を見つめて育つひまわりは、当時のインカで「太陽神の象徴」としてとても神聖な花とされてきました。

インカの宮殿や神殿などのほとんどの重要な建築物に、ひまわりの絵を彫刻されているほどでした。

しかしコロンブスの新大陸発見後、ヨーロッパに知られたインカはスペインによって略奪を受けることになります。スペインから黄金や宝を略奪された事件があったことから「偽りの富」という花言葉が付けられたのでした。

%e9%a2%a8%e6%b0%b4%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2
[アンデス山脈を支配したインカ文明]

東洋でのひまわり花言葉

一方、日本をはじめとする韓国、中国などの東洋においてのひまわりは、生命と幸運の象徴または愛慕という花言葉がありますが、これはひまわりの色彩である黄色が活力を感じることのできる明るい色であり、金色と似ているからです

特に日本では、このような金への認識が強く、最近流行している風水インテリアの一環として、ひまわりの絵を購入し装飾したりもします。

ひまわりの絵について

ひまわりは、多くの画家たちによってさまざまな絵で描かれてきました。その中でも最も有名な作品は、ヴァン・ゴッホのひまわりシリーズさまざまなひまわりの絵が残されています。

ゴッホが描いたひまわりの作品についての詳しく知りたい方は、ゴッホのひまわりの作品についての詳しい説明文を読んでみてください!また、私たちセオアートギャラリーでは、ひまわりをテーマにしたさまざまな油絵を販売しています。

油絵で描いた作品は印刷した物とは違って色焼けがなくとても長い間、初めて姿のまま劣化することなく鑑賞することができるという長点があります。

今、ひまわりの絵をすぐ見るをクリックし確認してみるか、下にあるお求めの作品を選んでみてください!

この記事は参考になりましたか?

関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Send this to a friend