ゴッホのヒマワリ作品についての詳しいご説明

ゴッホのヒマワリについて

ヴァン・ゴッホ(Vincent van Gogh/1853-1890)はオランダで生まれ、主にフランスで活動した印象派の代表的な画家です。日本では、主に「ヒマワリ」、「星月夜」、「夜のカフェテラス」という作品がとても有名ですが、特に「ヒマワリ」はゴッホの花と呼ばれる程、ゴッホを代表する作品として知られています。

ゴッホのヒマワリに関して

ゴッホは生前、合計12点のヒマワリの絵を描いていました。その中でも、「花瓶に刺したヒマワリ」というトピックを基準に合計7点のヒマワリの絵がありますが、構図はみんな一緒で、ヒマワリの数が3輪、12輪、15輪で差があります。

1点が喪失してしまい、現在まで保存している絵は、合わせて6点があります。日本や世界で最も有名なヒマワリの作品としては、下記のヒマワリ15輪の絵なんですが世界で最も高い花の一つのヒマワリの作品について解説をしてみようと思います。

%e3%82%b4%e3%83%83%e3%83%9b
ゴッホのヒマワリ15輪

ゴッホのヒマワリ15輪

この作品は、ゴッホがフランス南部のアルルに住む時に描いた作品ですが、ゴッホはアルルとサン・レミに住む時に、合計7点のヒマワリの作品を描きました。

アルルに住む当時、ゴッホは同慮の画家達と共同で生活を行っていましたが、ゴッホの他の作品として残っている「黄色い家」に住んでいました。ヒマワリ15輪の絵の背景が黄色である理由は、この黄色い家を背景として描いたというのが一般的に知られている説です。

%e3%82%b4%e3%83%83%e3%83%9b
黄色い家

絵の中の家はとても大きく見えますが、実は、とても狭くて小さい家でした。ゴッホが住む部屋には、弟のテオが送ってくれたお金で、最小限の家具だけ残した状態でしたが、ゴーギャンがアルルに来るという返事をもらったゴッホは、喜びながら、自分の部屋を飾る為に描いた作品がこのヒマワリ15輪という作品です。では、なぜヒマワリをこんなに多く描いたのかについては、いくつかの説があります。

最初に、同慮の画家達との共同生活をするために、同慮を暗示した物という説があります。また、何枚も描いているのは、部屋を飾るインテリアの用途で使うためであるという事です。

ゴッホが描いたヒマワリの作品は油絵を厚く塗り、ヒマワリの強い生命力とボリューム感を表現していて、同時代の作品に比べて、まるで彫刻のような立体感を表現した傑作です。大体、黄色い色調で描いてますが、花瓶には黄色と対照する青を使い、自分の署名を残しています。

 

この記事は参考になりましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Send this to a friend