リビングに飾るおすすめの絵は?おすすめの絵と選ぶポイント(2018)

リビングに飾る絵について

リビングは、家庭において重要な空間です。家のすべての部屋に繋がる唯一の場所であり、インテリアのスタイルや面積に関係なく、家族やお客さんなど人と人との間の相互作用を最優先に考えなければならない場所なのです。

ほとんどのリビングにはソファーやテーブル、家電製品などでインテリアしますが、絵は相対的に重要性が低いと考えられることが多いです。しかしリビングに絵を飾ることには、多くの利点があります。

1)絵は部屋に特性を与えます。

絵の色、質感、テーマは空間に特性を与え、さらに完成された空間を作ります。

2)自分だけの個性を表現することができます。

みなさんは動物や自然が好きですか?または活発に行動することが好きですか?それとも一人だけの時間が好きですか?

絵はみなさんがどのような趣向や性格を持っていても、自分の個性が表現されます。そのためリビングに飾るの絵を選ぶ際には、慎重に選びましょう!

3)美しいインテリア

絵は壁だけでなく、リビングにある家具や小物と一緒にインテリアをしてより美しいリビングにしたり、足りない部分を補う目的で使用することもできます。

もしソファーに素敵なハンドプリントがされたクッションがある場合は、都市の風景が描かれた絵やモノトーンの絵を飾るとよく合います!

4)絵は会話が生まれる場となります。

絵は、本当に会話を始めるのに良い話題になります。絵は空間に焦点を追加する作用があるので家族間の会話を広げるツールになったり、お客さんが初めて家に来た時も絵について会話が始まる場合が多いです。

もしリビングに絵を飾ろうとした場合、リビングによく似合う絵を選ぶことが非常に重要です。絵をどう選ぶかについてのマニュアルなどはありませんが、下記について少しだけ知っておくと役立ついくつかのヒントがあります。

  • 正しい場所を把握
  • 色の追加または補完
  • 適切なサイズを見つけましょう

これらの方法については、別の記事~~~で詳しく説明しているので一度読んでみてください!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2

 

リビングにおすすめの絵画

絵は作品を描くときのテーマ、方式、額縁によって、多くの種類が無限にあります。私たちが絵をどのように判断するかによって全てのものが芸術になり得ますが、大きく区分しようとすると2つのカテゴリーに分けることができます。

表象

この種類の絵は現実的であり、現実にあるテーマを模倣する方式で描いた絵です。世界で最も古い形の芸術であり、絵を表現する技法によって現実派、印象派などに細かく分かれます。

特定の被写体やシーンをテーマに描いた作品が多く、私たちが知っている多くの絵すべてが表象に属します。リビングに最も一般的に飾られる絵であり、主に和風インテリアや風水インテリアなどによく合いますが、リビングにメタル素材の家具を多用しているようなシンプルなインテリアとは相性がよくありません。

ジャンルおすすめの絵
ひまわり牡丹、梅、桜
風景山の絵(富士山)、秋の収穫、湖の絵
自然日の出の絵、海の絵
動物蓮の花と鯉、馬や犬、猫の絵

抽象

抽象画は、現実を現実で見ることと違う方式で表現した絵です。ほとんどの画家たちは、主に線と図形、そして色を追加して、被写体を変更します。

抽象化は絵を見る人によってさまざまな解釈がされることができ、想像力を動員し画家が表現しようとしたテーマを推測することができます。

抽象画は、ミニマリズムと立体派(キュビズム)の 大きく2つのカテゴリにもう一度分類することができますが、ミニマリズムでは被写体の不要な要素を除去し、最大限シンプルな形で描いた絵であり、立体派は被写体の自然な形を幾何学的な姿に変更させて描く絵です。

主にメタル素材を利用してデザインされた現代的なインテリアと組み合わせると、非常によく合います。

私たちセオアートでは、さまざまなインテリアによく合う油絵を販売しています。すべての絵はハンドメイドで描かれており、無料配送の特典を差し上げています。

今、ベストセラーをクリックしておすすめの商品をチェックしてみましょう!

この記事を読んだ人は下の商品をチェックしています

この記事は参考になりましたか?

関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Send this to a friend