金運をアップさせる4つのお勧めの風水絵

金運をアップさせる風水絵画

たくさんの方々が風水に基づいて金運をアップさせる絵を探しています。こんな種類の絵の中で、最も有名な絵がひまわりの絵画ですが、

ひまわりの絵は金運と供に知られている絵画ではありますが、意外に、他の種類にも、お金が入って来るという絵画があります。今回は、お金が入って来る絵画ベスト3を選び、ご紹介いたします。

ひまわりの絵

風水インテリア

多分、我が国の人々が知っているお金が入って来るという絵の中で、最も有名な絵画は、やっぱり、ひまわりの絵画なのでしょう。

ひまわりは、過去、陰陽五行説に基づいた風水を基盤をしていますが、元々はひまわりの生花を利用しています。しかし、夏にだけ育ち、管理をしないといけないという不便な所があって、現在は、生花の代わりに、ひまわりの絵画を主に掛けています。

ひまわりの黄色がお金を象徴し、太陽に向いて大きく育つ、この花の絵画は、お金を象徴する事に間違いないですね。

 

鯉の絵画および九魚図

風水インテリア

鯉は昔から我が国だけではなく、中国や韓国など東アジアで吉兆として認識されて来ました。鯉に関しましては、様々な説話が伝わって来ていますが、共通的に富と出世を表します。

鯉が富と出世を表す吉兆となった事には、過去、中国から伝わって来る説話がありますが、

みなさんもよくご存じの「登竜門」という単語の起源となったのが鯉です。中国の黄河の中流にある竜門には、魚が上ろうとしても、みんな失敗してしまいますが、鯉だけが急流を一気に飛び上がって、空に飛んで龍になったと伝わります。

 

龍の絵画(蛇の絵画)

きもいという理由で嫌われるかも知りませんが、蛇は、昔から上の鯉と共に吉兆の象徴として考える動物でした。みなさんもよくご存じのように、蛇は何度も皮を脱ぐ(脱皮)という事をご存じだと思います。

したがって、蛇はいつも「生命力」の象徴になった動物でありますが、こういう生命力の象徴になった蛇がお金が入って来る意味を表したのには、過去の農耕社会が背景となります。

日本もやっぱり、昔は農業が最も大切な産業でしたが、稲作をする場合、害虫や小さな動物など、農業を邪魔するたくさんの問題に直面してしまいます。しかし、最近では、こういう認識がどんどん少なくなり、蛇を嫌う方々が増えつつ、蛇の絵よりは、龍の絵画をより多くお買い求めます。

蛇がいずれ龍になるという伝説の影響もあり、龍は、幻の動物として昔から神聖に考える動物だったからでしょう。

 

牡丹の絵画

風水インテリア

牡丹は、様々な風水の花の中でも、最高の花の中の一つです。過去、中国では、「花の王(花王)」として呼ばれる程だったので、現在も、梅花と伴って、国の花と呼ばれる位なので、牡丹の花が、どれ位の位相を示しているのかについてよく分かります。

牡丹はただ、中国だけではなく、日本と韓国そして東南アジアでも、幸運の花として考えるために、絵やポエム、歌などで様々に描写されて来ましたが、

こういう牡丹の花は、金運と関連する富貴化としての認識があります。過去、中国と王家の婚礼服や屏風、民画などで、富貴を主題として使用されていまして、宮の中殿の庭にだけ植えるほど、尊い花というように考えていました。

金運をアップさせる風水の絵画を飾って、風水インテリアを初めてはいかがですか?我々、セオアートでは、100%油絵を使用して描いた大型の風水の絵画を安い値段で販売しております。

この記事は参考になりましたか?

関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

牡丹の絵 1 (60X90CM)
約2週間前に高松市檀紙町で
誰かがこの商品を購入されました。
合計 : ¥26,900
 
ひまわりの絵画 / ひまわりの絵 (70X50CM)
約3週間前に広島市佐伯区城山で
誰かがこの商品を購入されました。
合計 : ¥22,900
 
風水絵画 - 登竜門 (鯉の絵) (80X60CM)
約4週間前に県鹿児島市西田で
誰かがこの商品を購入されました。
合計 : ¥22,900
 

Send this to a friend